ママルカコ

ママルカコ公式通販サイト|ストーリー

mama lucacoh

第1話 『アイデアとこだわり』【ずっと絵本】は、なぜできたのか?

 

ずっと絵本

1.困り事からママのアイデアで価値を生む。

困り事
困り事 困り事

・子どもの絵本で飾っていても、絵になるようなアートな絵本がなかなかない。
・みんなの絵本じゃなくて、たった一人の為だけの絵本がほしい。
ママのアイデア ママのアイデア
・たった一人の為だけに作る!
・アートにこだわる!おしゃれにこだわる!納得行くまで時間をかける。
価値 価値

・徹底的にこだわった飾ってもおしゃれなアートな絵本が完成。
・作家さんとコラボした貼り絵のアート絵本
・ストーリーは絵本自体ではなく写真とメッセージを入れて自分でストーリーを創る。
 

他の人ができないくらいに時間をかけました。

ずっと絵本
まずこだわったのはデザイン、見た目。
部屋に飾りたくなるようなアートな絵本。
海外の絵本はおしゃれなインテリアに合う絵本が多いのに、なかなか日本の子どもの絵本でおしゃれな飾っておけるような絵本がない。
『はらぺこあおむし』エリック・カール著(ERIC CARLE)
『BABY NUMBER BOOK』リサ・ラーソン著(LISA LARSON)
そういうジャケットというか見た目の色の使い方がとても上手なアートな絵本。
   

飾りたいアートな絵本。

ずっと絵本

 
まずは私がほしくなるような、ストーリーとデザインがある作家さん探し。
そしてたった一人の為に作れる絵本の仕組み作りです。
量産されているような絵本ではなく少し高くてもいいからずっと持っていたくなる、自慢できる絵本。私がセンスがあるかどうかは別として、『私が飾りたいかどうか』
ここを徹底的にこだわりました。
 

想いとこだわりが強すぎてうるさい人です。

アイデアからほぼ完成まで3ヶ月。そこから販売できるまで約1年。

ずっと絵本
そして仕組み作りや作家さんとの出会い。
どれもこれもママルカコではストーリーがあり、ご縁があったからこその商品しか置いていません。
もちろん基準は私がほしいかどうか。
ないなら創る!時間をどんなにかけてでも。作家さんには大変ご迷惑をおかけしたと思います。
今作家さんとの履歴を見たら初めてお会いしたのが2016年4月11日。
なんと1年以上前!そこから「こんな絵本がほしい」とラフをあげてもらって
「いや、そうじゃなくて!」多分最初のお会いする前くらいの時は多分うるさい人だなぁ~と思われていたかと。笑

 

 

作家さんとお会いして想いに共感してくださった。

作家さんはさすが感性のひと。

ずっと絵本before

最初の頃の表紙図案。(打ち合わせ時なのでスマホで荒くてすいません)

ずっと絵本途中

ほぼ完成間際の図案。(打ち合わせ時なのでスマホで荒くてすいません)

 
そしてお会いして私の想いをたっぷりと語りました。

「もっと動物の表情はこういうかんじで」
「配色のバランスはもう少しあったほうが」

何度も何度も何度も。
やり直ししてもらって。

1度お会いしてからは

「あ~わかります!そういう感じですね」
と私のわかりずらいニュアンスを汲み取ってくださって。
絵本がほぼ完成したのは2016年7月ですね。

そこから仕組みとかママルカコのサイトとか色々時間がかかりまして汗
(かかりすぎ 笑)

やっと今回発売できる運びとなったわけです。(長い笑)

 

次の【ずっと絵本】は、なぜできたのか?第2話お楽しみに。

絵本の作家さんと絵本を作ってくださる会社の若き女性起業家との対談です。

 

第1話 『アイデアとこだわり』(このページ)

 

第2話 『製作秘話対談』 > >

 

第3話 『困り事は宝物』 > >

 

第4話 『ずっと絵本撮影秘話』 > >

 


【ママルカコ】
ママの困ったを解決するおしゃれな収納商品、出産祝い。
アイデアやストーリーを生かすママ雇用を生む新しい働き方。



    
 



Copyright © mamalucacoh. All Rights Reserved.掲載しているテキスト・写真等、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。